概要|共通の指標を持つ

ARGOSでの見える化とは?

サービス改善の会議では、共通の指標を持って議論するのが成功への近道

サービス品質を関係者で評価するときに意見が合わず、その資料作成に多大な労力が掛ります。また、新しい条件のデータをすぐに用意できず、結論まで時間が掛る場合があります。誰でも分かり易いビジュアルでの集計を行う手段を持つことが必要です。